アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
書きたい放題
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「謎の漢字を調べる」(視点・論点)
2017年10月17日 (火) 早稲田大学 教授 笹原 宏之 面白い記事が目にとまった。著者にはお断りしていないがこのままでは私の記憶から遠からず忘却の彼方へ追いやられてしまうことを惜しみこのブログへ転載させて戴いた。甚だ失礼ではあるが許されたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 02:12
韓国の反日・侮日
仮に日本が韓国より経済発展が遅れそれのみか科学技術の発展やノーベル賞の受賞などもなくGDPや国民所得なども韓国を下回り生活水準も低い。また、国際社会のおける日本の役割も注目度、そして貢献度も全て韓国より劣るものであったら韓国民の日本への反発も違ったものになるだろう。 韓国が有数の経済発展を遂げた経済大国であったら、そして日本が韓国の後塵を拝するものであったなら韓国人の優越感を満足させ日本にもっと寛容になれたのてはないか。 それが尽く逆になっているのが現実である。それが韓国人には許せないのだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/25 01:46
虚罪〜ドキュメント志布志事件〜(4)
犯人に仕立て上げられた被害者は誰もが密室での取り調べの過酷さを挙げる。 一端を記すと連日、一日10時間を越える取り調べで性根尽き果てている被害者が体調を崩して点滴を受けようとすると病院にまでついて行く。戻ってくると再び取り調べ開始だ。調査官の意に沿わない供述をすると“そうじゃないだろう”と容赦ない罵声が飛んでくる。是が非でも警察の犯行のシナリオに沿った供述でないと引き下がることはない。それでも犯行を否認すると弁護士との接見内容を聞き出し「あの弁護士は当てにしてはいけない。別の案件を抱えているか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 10:58
米国大統領のアジア歴訪〜トランプは大丈夫か〜
平成29年11月7日、トランプ米国大統領は日本に続いて韓国・中国を訪問した。韓国では独島のエビの馳走や元慰安婦との面会があった。いかにも下心がありそうだ。独島帰属が日本と韓国の問題になっていることはトランプも勉強してきているはずだ。“独島特産を食って仕舞えばこっちのものだ”と言いたげな韓国の下心をトランプがどこまで読めたかわからない。その場は解らないまでも後日に韓国の企みを知れば苦虫を噛みつぶした気持ちになるだろう。米紙の報道によればトランプ大統領は当時、周囲に通訳がいなかったため、元慰安婦の女... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 13:41
虚罪〜ドキュメント志布志事件〜(3)
犯人に仕立て上げられた被害者は警察は正義の味方と思っていたと口をそろえていう。私(直 晴児)も「志布志事件」を手にするまではそう考えていた。しかしこの考えは改めなくてはいけない。どの警察官だって正義感をもって警察官なった訳ではない。使命感に燃えてなった者もいるだろうが他に職がなくてなった者もいるだろう。 警察官だって我々庶民であり、殺人事件を起こすものもいるし詐欺行為をする警察官だって後を絶たないし、組織ぐるみで警察官の酒飲み運転を隠蔽して暴露された警察署もある。 違反とわかる捜査でも上司か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 11:23
虚罪〜ドキュメント志布志事件〜(2)
「志布志事件」の端緒は以下のような推測が付く。 いつも無風地域の志布志市の統一地方選は現県議員が今回も無投票当選の予定だった。だが誰もが落選するであろうと思われる新人の立候補があって選挙戦となり新人が当選してしまった。思わぬ選挙結果に不満を持ち腸(はらわた)の煮えくりかえりが癒えない地域の何某かが腹いせに警察にありもしない選挙違反の垂れ込みをしたのではないか。 地域の垂れ込みであれば放置も出来ず、警察も裏付けのないまま捜査に動かざるを得なかったのだろう。この何某かは地域の有力者を想定させるし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 11:11
虚罪〜ドキュメント志布志事件〜(1)
大変な事件があったものだ。 2003年(平成15年)の統一地方選の鹿児島県志布志市で前代未聞の事件が作られた。 鹿児島県警察がありもしない公職選挙法違反を作り、違反とは無縁の人々を犯人に仕立てて逮捕・起訴するという事件が起きた。事件の捏造、捜査の杜撰さは言うに及ばず違反捜査の過酷な自白強要は言語に絶し、自白が得られないとなると捜査員が予め描いたストーリーに沿った自白を土下座して頼んだりしたという。 被害者(本来は“被告”だがここでは警察の犯罪の被害者と呼ぶのがふさわしい)は裁判で無罪となり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/11 10:17
『ラッセル幸福論』
2017年11月6日にNHKでTV番組『100分de名著「ラッセル幸福論」』第1回〜自分を不幸にする原因〜の放送があった。〈司会伊集院光、島津有理子・ゲスト小川仁志(哲学者・山口大准教授)」〉ラッセルの幸福論[岩波文庫・安藤貞雄訳]は表紙に次のように書かれている。 【自分への関心を内へ内へと向けるのではなく外界へとふり向けて、あらゆることに好奇心を抱くことは、これこそが幸福獲得の条件であり、それは自己説得によって可能なのだと説く。たくましく、しなやかに人生を生きる知恵がこの幸福の処方箋にはたっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/10 13:13
週刊誌を読んで感じたこと
いつものことながら週刊誌を読んでみると記事は玉石混淆だなと、つくづく思う。ピカリと光る記事もあればない方がスッキリする下だらない記事もある。概してどうでもよい記事で一杯だ。全ておもしろおかしくが編集方針なのだろうか。この様な記事に写真を添えるなどで尤もらしくして一冊の「週刊誌」に仕上げる技術はこの仕事に携わらなければ身につかない技術なのだろう。 個人が受け持っているシリーズのエッセイ欄も似たようなものだ。鋭くエスプリの効いたエッセイや時勢に抉りを入れて問題を浮かび上がらせる読み応えのあるエッセ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/19 03:36
北朝鮮も韓国もやはり同じ民族なんだなあ
北朝鮮も韓国もやはり同じ民族なんだなあ 一連のICBM発射、水爆の核爆発実験など核拡散防止条約違反などで全世界から避難を浴びている北朝鮮。北朝鮮はそれでも尚強硬姿勢を崩さずニューヨークの国連本部に李容浩(リヨンボ)外相を送り込み9/23日一般討論演説を行った。北朝鮮は自国の非を棚に上げて鉄面皮にも、米国などが北朝鮮に武力行使する兆候があれば「容赦ない先制行動で予防措置を取る」とトランプ米政権に警告をした。また国連安全保障理事会が採択した北朝鮮制裁決議も「不当で不公正」と一蹴し非難した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/30 09:49
どうして疲れが取れないんだろう・・・脳体力アップの勧め
充分休養を取っているはずなのに何故体が懈いんだろうと思うる。運動のし過ぎや働きすぎて疲れを覚えるのは、理由がはっきりしているからそれはそれとして分かるのだが、たいした運動も働きもしない。体としては充分休養が取れているはずなのに体が懈(だる)いのである。寝足りないのかなと体をより休めてもこの懈さは取れない。これは体とは別のようだ。 この様な時私は脳が疲れているのだなと思う。脳も体の一部であれば当然脳自体も疲れるだろう。懈さは体と脳の体調不良と不可分で、体の疲れの他脳の疲れや脳の老化から来るものが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/28 08:40
台風18号。悪意ある何者かが日本列島に誘導しているようだ。
東京の遙か南方海上に発生した台風18号は先島諸島付近までは西に進んでいたが宮古島付近で一時動きを止め、徐々に向きを北寄りにして北・北北東・北東と進行方向を変えついに日本に上陸という事態になってしまった。まるで悪意ある何者かが故意に日本列島に誘導しているようだ。あれよあれよという間の縦断だ。今(2017年9月18日。4時36分)現在新潟県佐渡付近にあるらしい。発生当初はまさかこの台風が日本に上陸するとは考えられない位置関係である。時間雨量120ミリという激しい豪雨に見舞われた処もあって、河川の氾濫... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 04:39
プーチンさん一肌脱いで下さい。お願いします。
北朝鮮をこれ以上追い込んではいけない. 北朝鮮への制裁として貿易制限、引き締めが一段と強化されている。今北朝鮮は袋小路に追い込まれ“窮鼠猫を噛む”状態になっている。北朝鮮の演出も下手だが日米の演出も下手だ。北朝鮮に逃げ道を全て閉ざしてはいけない。武力行使は尚いけない。かって武力行使で問題を解決した例はない。問題をより複雑にするだけだ。歴史から我々は何も学ばないのか。第一次世界大戦はドイツに巨額の賠償金を課してその閉塞感から歪んだナショナリズムを育て第二次世界大戦を招いた。米国のイラク攻撃は結果... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 03:15
日本の文学界はこれでいいのかな?
最近「指の骨」という作品を読んだ。 太平洋戦争最中南方の島で日本陸軍兵の負傷者達の部隊。負傷し病にかかった兵士達の死に至るまでの精神的な風景を一人称で叙述風に綴った作品。題名の「指の骨」とは病死した兵の内地の遺族へ送る遺骨として指の骨を切断する事から命名したものだろう。戦況に関しては何の情報もなく、満足な食料もなく医薬品といえばマーキュロぐらい。負傷兵はマラリアや熱病などの風土病で生きる気力もなく次々に死んで逝く。部隊に医者はいるのだが薬もなく手の施しようがない。空腹に耐えかねた切り落とした指... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/12 06:18
朗劇読『ファミリーツリー』の感想
朗劇読『ファミリーツリー』の感想  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 18:18
北朝鮮の不思議な市街写真
北朝鮮の不思議な市街写真 既に何度もお目にかかっている金正恩と平壌と思われる市街写真だが何度見ても不思議な写真だという思いが払拭出来ない。 その不思議さを挙げると @後方に高層の建物が沢山聳えているのだが街は金正恩以下の側近たち以外誰も映っておらず非常に閑散としているのである。これだけの高層の建物が軒を並べていれば経済活動はそれなりに活発なはずだ。多くの車が行き交い人々が街に繰り出して忙しく動き回っているはずなのに街は人っ子一人いないのである。これではあまたある高層建築に人が住んでいるのだろうか疑われる。死の世... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 17:10
セルフレジ
最近我が家の近くの食品のスーパー店《カワチ》にもセルフレジが登場した。塩竃市中心部の店々にはかなり以前から導入されているが我が家は郊外のため大型のスーパー店が少ないこともあり今なおセルフレジは珍しい。セルフレジとは食品や雑貨品を購入する際品物を自分でバーコード読み取り機にかざして価格を読み取らせ提示された代金を投入口から支払いを済ませるシステムだ。 珍しがり家で冒険心の強い私は迷うことなく早速チャレンジである。私の前に支払いをする人の仕草をよく見てハハーンあヽすればよいのだなと前もっておおよそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 17:00
拝啓 藤原正彦様
週刊新潮に藤原正彦氏の『管見妄語』の連載がある。結構楽しく読ませて戴いている。中にはこれはどうかなというのもあるが総じて氏の博識さに感心し驚いている。 2017.6月29日号の『管見妄語』今回はどんなお話を読ませて戴けるのかと楽しみだった。 内容は多くカタカナ英語と使う小池と知事を指して「優れているように見せたい人」と大衆受けする論を展開していた。 初めに氏は今日の日本はカタカナ英語が氾濫しイライラすることも多いという。パソコン用語を例に挙げてアイコン、カーソル、タブなどトンと分からない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 09:39
漢字と日本語について(2)
仮名文字の発明はやがて日本文化に底知れぬ恩恵をもたらすことになる。この仮名文字を素地として明治以降の国語界に革命的な変化をもたらした。 明治なって外国に門戸を開いた事による外国文化の流入は堰を切ったように押し寄せた。外国文化を日本に定着させ取り入れるには先ずその言葉を漢字表記に換えなければならなかった。 例えば国名を挙げるとモンゴル《蒙古》イギリス《英吉利》フランス《仏蘭西》オーストラリア《濠太剌利》。その他の例ではアイスクリーム《氷菓子》ダンディ《伊達男》ジャイアントパンダ《大熊猫》コンピ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 12:59
小林麻央さんの死
去る6/22日彼女(小林麻央)は癌で死亡した。彼女の闘病の顛末の記事が週刊新潮7/6号に『「小林麻央」の命を奪った忌まわしき「民間療法」』と題して載っていた。私も彼女の癌のニュースは時々報道されていたから知っている。 記事によれば経緯は次のようなものだった。 20014/2月に人間ドックで左乳房に「しこり」が見つかり良性か悪性かはっきりしないので3ヶ月後再検しましょうと云うことになった。しかし繁忙のためか実際に再検査を受けたのは8ヶ月後だったという。この時癌と診断され脇のリンパ節への転移もわ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 09:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

書きたい放題/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる